深井 慎一郎

事実を伝えるだけの報道から、
力を与えられる報道へ。

株式会社TBSテレビ 報道局 ディレクター
深井 慎一郎

深井 慎一郎(ふかい しんいちろう)

2000年3月 東山高等学校 卒業
関西学院大学 文学部 心理学科 卒業

深井 慎一郎

どんな夢を描き、実現してきましたか?
私はいま、テレビ局に勤めており、主にニュースやドキュメンタリー番組などの制作ディレクターを務めています。マスコミへの就職を考えたのは、心理学を学んでいた大学3年次の頃でしたが、その心理学を学ぼうと考えたきっかけは、高校3年のとき。授業で「黒い太陽」の絵を描いた子どものことを知り、どのような影響があってその子がそのような絵を描いたのかということに興味を持ちました。東山には単に知識を教わるだけでなく、生徒の好奇心を育ててくれる授業が多かったことが印象に残っています。
いま、追いかけている夢は何ですか?
私は震災関連の番組を担当することも多く、何をどう伝えるのがよいか、つねに真剣に考えてきました。多くの人に情報発信するマスコミに携わる人間として、視聴者や取材対象者にもっと力を与える報道を心がけたいと思っています。このように目標に向かって頑張れる理由の一つに、東山の同級生から影響を受けていることがあります。卒業して何年も経ったいまでもあの頃の仲間たちとは定期的に集まり、仕事や家族の話で盛り上がります。医者や弁護士、経営者など、それぞれフィールドは違いますが、友人が活躍している話を聞くと「負けないぞ!」とやる気が湧きます。

深井 慎一郎

TOPへ戻る

学校法人 沸教教育学園

©COPYRIGHT HIGASHIYAMA JUNIOR HIGH SCHOOL・HIGH SCHOOL ALL RIGHTS RESERVED.