教員紹介

熱意溢れる先生がキミの夢の実現をサポート

国語

国語科担当:中尾 文男教諭

国語を学ぶことで、考える力、
相手の気持ちを理解する力を育みます
 国語科担当:中尾 文男教諭

国語を学ぶことは、言葉を学ぶことでもあります。人はものを考えるときは言葉で考えます。また、言葉から相手の気持ちを推し量ることができます。ですから生徒には、さまざまな言葉を身につけることで、自分自身を知り、相手を理解する力を育んでもらいたいと思います。

数学

数学科担当:飯田博彰教諭

国際舞台で通用する「土台力」を数学を通して身につける 数学科担当:飯田博彰教諭

まずは希望の進路実現のために、数学を通して考える力や問題解決能力を鍛えることを重視しています。そして将来、他国の人と対等に渡り合い、世界で活躍できるだけの論理力や推察力など確かな土台力を、数学を通じ身につけてほしいと思います。

英語

英語科担当:大田博司教諭

4技能を習得し、
文化・歴史を学ぶことで真の国際人に 英語科担当:大田博司教諭

Reading、Writing、Listening、Speakingの4技能を総合的に学び、習得させることが目標。英語を通して外国の文化的、歴史的背景を学ぶことが、真の国際人となる土台になります。世界の動きに関わる副教材も使用、e-learningも推奨しています。

理科

理科(化学)担当:堀澤基教教諭

探究心の刺激と基礎定着。現象の原理にも気づく 理科担当:堀澤基教諭

化学の基礎を確実に身につけることを授業のテーマにしています。それができれば身の回りで起こる現象を異なる視点から感じることができ、化学が面白くなります。東山には実験のための薬品、器具、実験室がそろい、探究心を十分満たすことができます。

社会

社会科 担当:杉谷 浩一教諭

先人たちの思いを感じながら、
歴史上の出来事を理解してほしい 社会科担当:杉谷 浩一教諭

「現代を生きる力」を身につけ、世の中を「大局的に見る力」を育むことが、社会科学習のテーマ。歴史上の出来事がなぜ起こったか理解し、一個人としての先人たちが、その時何を考え行動したのかを感じてほしいと思います。

その他

体育科担当:大澤 徹也教諭

総合グラウンドで さまざまな種目にチャレンジしよう 体育科担当:大澤 徹也教諭

授業を通して生徒たちが将来、継続的に運動ができる資質や能力を育てられるようにと考えています。整った総合グラウンドを活用するため、取り組む種目を増やしており、生徒には、苦手なスポーツでも挑戦する姿勢を身につけてほしいと思います。

芸術科担当:神尾純教諭

仲間と一緒に歌い、演奏し、豊かな感性を育てよう 芸術科担当:神尾純教諭

音楽を通して豊かな感性を育て、同時に生涯教育として音楽を愛好する気持ちを養うことが授業の目標。東山では、男子校ならではのチームワークの良さがあり、みんなで演奏し歌うことによって、楽しみを分かち合い、協力心を育んでいます。

宗教科担当:鵜飼良宣教諭

大事に人生を送ってもらいたい、そのための学びです 宗教科担当:鵜飼良宣教諭

宗教あるいは仏教は儀式的・歴史的に“重い”部分だけを連想されがちですが、そうではなく、肌で触れ合って宗教・仏教を学べる授業を実践しています。社会的な話題を取り上げてみんなで話し合う時間も設け、教えと歴史を通じて人間形成の自覚をめざします。

TOPへ戻る

学校法人 沸教教育学園

©COPYRIGHT HIGASHIYAMA JUNIOR HIGH SCHOOL・HIGH SCHOOL ALL RIGHTS RESERVED.