前期終業式が行われました。

2017.7.14

京都のまちが祇園祭で賑わいはじめ、梅雨明けが間近と迫る本日、暑い日差しのもとで、東山中学・高等学校では前期終業式を行いました。

奥田学校長は「夏休みは勉強にクラブに、そして自分をより大きく成長させるなにかに打ち込み、夏休みが明けた時に、一回りも二回りも大きくなった君たちの姿を楽しみにしている」と、夏休みに有意義な時間をたくさんもってほしいという期待を込めて語られました。

それに続く福地副校長も、先日のオープンキャンパスでOBから向けられた言葉を題材に、「自然に溢れる東山の環境の素晴らしさを自負して欲しい。この豊かな自然は我々の向学向上の気持ちを奮い立たせてくれる最大の安心感なのである。この環境下にあってこそ発揮できる力があるはずだから、夏休みはいつも以上に、勉強にクラブに挑戦するということを忘れないでほしい」といったメッセージを語られました。

 

これから東山中学・高等学校は夏期休暇に入ります。

東山のこどもたちは、より自由な時間と幅広い世界で、どんな夏期休暇を過ごすことになるのでしょうか。

夏休みが明けたとき、彼らが見せる、今とは違った姿を我々は楽しみにしています。

皆さんにとって、夏期休暇が有意義でありますことをお祈りいたします。

01.jpg

02.jpg

TOPへ戻る

学校法人 沸教教育学園

©COPYRIGHT HIGASHIYAMA JUNIOR HIGH SCHOOL・HIGH SCHOOL ALL RIGHTS RESERVED.