学校長の挨拶

学校長の挨拶

東山中学・高等学校 学校長 奥田 歓信

卒業してからも精神的な支柱となり、生涯にわたって頼りになる存在でありたい

私たち東山中学・高等学校は、京都・東山の地において長い歴史と伝統を持ち、その間に3万8千人にも及ぶ卒業生を世に送り出してきました。今日の東山中学・高等学校が高い評価をいただいておりますのも、ひとえに優秀な卒業生のご活躍の賜物だと思っております。 私たちはその伝統と実績に安住することなく、常に時代の波を切り拓いていく、教育フロンティアとしての気概を持った熱き教育者でありたいと考えています。

東山中学・高等学校が、生徒と保護者の皆さんにお約束できることは、生徒に「活動するためのエネルギー」を惜しみなく注ぐことができる「教育力の大きさ」です。教育を取り巻く環境がいかに変容しようとも、私たちのこの熱意は変わることはありません。東山中学・高等学校はつねに生徒を中心に据えた「最良の学びの場」であり続けることをお約束します。

当然、大学進学率も大きなポイントではありますが、それ以上に「東山で学んで良かった」という実感をしっかりと携えて卒業していただきたいのです。そのことを私は、「長期の出口保障」という言葉で表現したいと思います。大学進学という「短期の出口保障」だけでなく、東山で過ごす熱い青春時代や、宗教的情操教育の実践を通して、一人ひとりが正しい判断力をもち、良心に従って活発に行動できる、責任ある社会人に成長していただきたい。さらに「教育を超えて、語りあえる。」というスローガンにもあるように、生徒同士が、先輩と後輩が、そして生徒と教師が心を開いてコミュニケーションを結ぶ時間を過ごすことで、卒業してからも精神的な支柱となり、生涯にわたって頼りになる存在でありたいと、全ての教職員が願っています。それが、東山中学・高等学校ならではの「長期の出口保障」だと考えています。

このホームページをご覧いただいている多くの方に、私たち東山中学・高等学校の門をたたいていただき、熱い青春時代を過ごしてほしいと願っております。

TOPへ戻る

学校法人 沸教教育学園

©COPYRIGHT HIGASHIYAMA JUNIOR HIGH SCHOOL・HIGH SCHOOL ALL RIGHTS RESERVED.